2009年10月13日

年に一回くらいでいいのだけれど、近くを通ると食べてみようかなと思うものってある(外苑 福蘭)

R0016303.jpg

ドイツのライネフェルデの市長講演を聞きに外苑へ。
その後居合わせた友人たちと軽くご飯を食べることになった。

迷った挙句福蘭に行く。
ここの名物は餃子だ。
うまいようなうまくないような。。
揚げたあとゆでたようなぐずぐずの餃子があぶらひたひたで出てくる。
毎回そうなので、ここはそういう作り方なのだろう。
おろしにんにくが入ったたれで食べる。

うまい…のかな、うまい…よね?とみんな口々に言う。
とにかく他ではこういった餃子を食べたことがない。

あの餃子はうまいといっていいのだろうか?
毎回疑問に思い、確かめに入ってしまう。
そしていつもよくわからない。
それでもごくたまに行くので、
結局あとをひいていることになっている。

ちなみに麺ものは大したことない。

ワタリウム美術館の向かいあたりにある。
暖簾などないので歩いて通り過ぎることもあるくらい目立たない。
posted by DH at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136583447

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。