2010年01月04日

ワインと鰻(大磯 国よし)

R0016561.jpg
僕はご飯にのせないタイプを注文


みみずさんからご連絡をいただいた。
聞けば大雄山にお参りに行くのだそうだ。

僕は前日から友人が泊まりに来ていたり、
役所に行ったりしなければならなかったので
いや、僕は…と言いかけたら

「そんでその後お昼に大磯でうなぎを食べるんだけど、大磯でどう?」

何時でしょう?と僕は返答してしまった。
みみずさんの大磯でうなぎといえば国よしのことである。

国よしといえば、吉田茂や伊東博文などが愛した名店で、
昭和天皇などもいらっしゃっていた由緒正しきお店。
格もお値段も僕のような庶民が近づけるお店ではないのだ。

前回国よしに行ったのはもう十数年前。
この機会を逃したらまた十数年後になってしまうかもしれない。
ハレー彗星のような鰻屋に久々に行きたいなと思ったのだ。


それで肝心のうなぎだが…、
いや〜、やっぱりうまかった。
素晴らしかった。。
こりゃ早々縁起がいいや。

このお店はワインを多く取りそろえてある。
ワインを飲みながら、白焼きや肝焼きをつつきつつ、
かば焼きに備えることができるのだ。
もちろんワインが注文され、みみずさんとエンゾさんのペースで
ワインがあけられる。気がつけば3本。

解散後用事のあった役所につく頃には酔いがピーク。
ついて早々寝てしまった。。
しばらくして気づき、役所の方に話している自分が
ろれつがまわっていないことに気づき、これは失礼と早々に退散した。

仕事にならない仕事はじめになった。
こりゃ縁起がいいや。。

R0016549.jpg
苦さが全くない肝焼き

R0016552.jpg
とりわさ

R0016554.jpg
白焼き

R0016566.jpg
食後に抹茶ラテ
posted by DH at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。