2007年06月19日

今年のアンチョビ作り(小田原 朝市)

CIMG3822.JPG

毎年アンチョビを作っている。
今年もアンチョビ作りのため、16日に小田原の朝市にてしこいわしを仕入れてきた。

ちなみに小田原の朝市の販売は朝9時から。
8時に着くも整理券をもった人たちがすでに多く並んでいる。
小田原の朝市は種類も多く、そして安い!
この日もその日取れた、イカ、鯵、太刀魚、金目鯛、カマス、カレイ等など多くの種類の魚が並ぶ。

お目当てのしこいわしは一袋200円。
今年は一袋が少なめだったので、8袋を購入。
一部を干物にしたものの、ほとんどがアンチョビ君にした。
これが結構量があるから大変。
母上も手伝ってくれたから、何とか早く作ることができたけど。。

ただ、つくり方はいたって簡単。
頭と内臓を取り、塩につける。
3ヶ月ほどしたら、3枚におろし保存用にオイルにつける。
これだけ。

自分でつけるアンチョビはなかなかおいしい。
特に相模湾産というのが気に入っている。なかなかいいでしょ?
友達なんかにあげると喜ばれます。
皆さんも試してみてください。

CIMG3780.JPG CIMG3793.JPG

CIMG3792.JPG CIMG3821.JPG


posted by DH at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンチョビ、美味しそうですね♪
塩は、どのくらいの割合ですか?
頭と内臓をとったイワシの重さの何パーセントくらいのお塩をすればいいのでしょうか?
塩をしたら、タッパーみたいな容器に入れて、冷蔵庫に保存 とか、そういうカンジでしょうか?
是非、こしらえてみたいので、教えていただけると嬉しいです。
Posted by フランソワーズ at 2007年06月19日 12:24
僕はプラスチック容器でつけています。
割合は正直適当です。
塩、いわし、塩と重ねていきます。
その際、いわしが軽く白くなるくらいにします。

落し蓋をし、重石を乗っけます。
冷暗所に4ヶ月くらい熟成させる。
と以上です。

つけてしばらくするとアンチョビのいいにおいがしてきますよ!
お試しあれ。
Posted by DH at 2007年06月20日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。