2008年06月06日

千宗屋 小田原に来る(小田原 老欅荘)

以前雑誌である人の記事を読んだ。
「千利休の再来」とそこには書いてあった。

武者小路千家の次期家元、千宗屋。

茶会で初めて白磁(黒田泰蔵作)を使ったりと独特のセンスを持った
茶道界次世代のエースと言われている人だそうだ。
かなりの目利きで、ある人いわく「知りすぎていて怖い」。

へぇ〜そんな人物がいるのかと興味を持っていた。


先日、小田原に行った際にうつわ菜の花によったところ、
次回の展示会案内をいただいたが、その裏面に松永記念館老欅荘でのイベント案内が。

「現在生きている私たちにとってお茶とは」
をテーマにした話だそうだが、講師はなんと千宗屋!
ゲストに細川護光さん。


やるな菜の花。。
しかし、平日じゃんか。。
むむむ…。


というわけで、この日この時間はお休みをください。
誰か一緒行かない?


2008年6月17日(火) 午後3時30分より
松永記念館 老欅荘
参加費 1500円(定員 80名 要予約)
予約先:0465-22-5528 菜の花

R0011056.jpg
posted by DH at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!いつもblog見てます。
私も「うつわ菜の花」さんからいつもお知らせ貰っているのですが
今回のイベント案内に、おぉ!と思っていました。
でも平日・・・。
悩んでいたところに、こちらのblogでも「平日・・・むむむ」と書かれていたので
共感してコメントしてしまいました〜。
お休み、出来るんですね。うらやましいです。。。
Posted by モー at 2008年06月06日 14:35
モーさん
はじめまして!
簡単ですよ、行かなければいいんです。
後はどうにかなるでしょう!
こんなことブログで発表しちゃまずいんですが。。

きれいなブログですね。写真もお上手でしばし見入ってしまいました。
Posted by DH at 2008年06月06日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99583526

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。