2009年09月21日

さつまあげを作ってみる

R0016154.jpg

持ち帰ったイサキで干物をつくった。
が、すぐに網がいっぱいになったので
天ぷら用、ムニエル用、粕漬け用におろす。

が、それでも減らない。
イサキのさつまあげはうまいという情報を聞いたので、
残ったイサキでさつま揚げをつくることにした。
小さいイサキをとにかくおろすこと数時間。
量ると1.4キロ、さすがに疲れた。

塩、砂糖、片栗粉、酒、水を加え揚げる。
たまご入りもつくってみたが、なめらかになるものの
僕には軽すぎるので、たまごなしに統一。

揚げたてのさつまあげがうまい、うますぎる。

魚をあまり食べない妻のご両親へのお土産を
イサキセットにしてみた。
はたして喜んでくれただろうか。

R0016160.jpg
posted by DH at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

栃木生まれ自由ヶ丘育ち(自由ヶ丘 大谷石引越し)

R0016001.jpg

産業革命以降の社会的な大変革は
インターネットの出現だと思っている。

と、かたい書きだしだがネットはすごいな〜と
思うことがあった。

「僕らの酒」でかまどづくりに必要な大谷石の募集をしてみた。
正直、そんなに反応を期待したわけでもない。
あればラッキーくらいのものだ。
しかし、しばらくして何と大谷石を持って行ってもいいという
情報をいただくことができたのだ。
それも40個と大量である。

実は別のプロジェクトで最低20個ほどは必要であったため、
何ともいいタイミングだった。


大谷石とは昔よく塀に使われていた石だ。
軽く、加工が容易で耐火性があり蓄熱性がある。
よって、かまどの構造材に適した石とされている。

解体工事の現場をあたれば、それなりに簡単にもらえるものだと思っていた。
ところが、そんなに簡単ではない。
工事を進める側とすると早く進めたいので、
壊しやすい大谷石はシャベルカーで一気に崩してしまう。
おまけに処分業者は不法投棄防止のため、
現場と処分場でチャックをうけ捨てる契約になっているので、
処分業者からもらうということは基本的にはできないのだ。
要するに、普通塀で使われていた大谷石を手に入れられることはまずない。
今回のお声掛けはとてもラッキーなことであり、インターネットのすごさをあらためて思い知らされた。

お声掛けくださったのは、多摩美術大学のH教授だ。
先生は環境デザインがご専門の方だが、
使えるものをできる限り利用しようと様々ご尽力してくれた。
素晴らしい、先生ありがとう!

こうして栃木生まれ、自由ヶ丘育ちの大谷石君たちは
西湘地区に無事運ばれましたとさ。

どこで使うかはお楽しみに。

R0015897.jpg
解体中の様子
posted by DH at 07:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

水餃子

f0148736_19392385.jpg

最近、我が家でフードプロセッサーを購入した。

パンの生地を作ったりもできれば、
野菜をスライスしたりするのも便利、
とにかく万能なんだと妻の力説を聞くや否や
気づいたら、我が家の一員とかしていたのだ。

僕の経験上、万能といわれるものほど使えないものが多い。
案の定、みじん切りなどはなんだか使えない。
スライスもしかり。
ハンバーグを作ったりもしたが、なんだか家庭の味から
程遠い工場でつくられたかのようなハンバーグになってしまった。
使い方が悪いのだろうか。そう信じたい。

ただ、生地をこねるような作業はとても速い。
これは使える。

かくして、料理の効率化をはかるべく導入されたフードプロセッサー君は
生地こね機として活躍している。
いや〜、買ってよかった、うん。


というわけで、生地こね機君の活躍の機会を作るべく、
最近餃子の皮を自家製にしている。
おかげでとても簡単。
つるつるモチモチなかなかうまい。

そういえば、最近我が家の餃子は、
玉ねぎ、ニラ、肉、にんにく、しょうがで作る。
白菜やキャベツを使って作っていたけれど、
この玉ねぎをつかう餃子ってのもなかなかうまい。


当面の目標は幡ヶ谷「悠好」の餃子の皮だ。
しばらくは餃子を頻繁に食べそうだ。

IMG_3769.jpg

f0148736_2354997.jpg

クイジナート フードプロセッサー ブラッシュステンレス DFP-7JBS
posted by DH at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

秋刀魚の変わり寿司

R0012138.jpg

チャーハンではありません(笑)


秋刀魚の煮付でお寿司にした。
煮付で白飯の連日に飽きてしまったのだ。。


酢飯にほぐしたさんまの身とおろししょうがを和えたものを加え、
大葉、白ゴマをたっぷり入れる。

これを手巻きの要領で海苔で巻いて食べるのだけれど、これがとてもうまい。


もともと実家では秋刀魚ではなく、焼いた塩じゃけで作りおにぎりにする。
この酢飯のおにぎりってのが妙にうまいのだ。


僕は魚が余るとよくこういった食べ方をするけど、
酢飯ってのは本当に魚によく合う。
posted by DH at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

これでおしまい

R0011151.jpg

先週作ったオイルサーディン。これでおしまい。
しこいわしが大量に手に入った場合、干物や煮つけだけでは飽きてしまう。
オイルサーディンはおいしいし、もちもいいので便利だ。

つくり方は簡単だ。
@頭とはらわたをとる
Aバットに並べ、塩を振る
Bローズマリーやローリエ、セイジ、セロリなど香草を入れ、かぶるまでオイルを入れる
 (庭に生えているものでかまわないが、ローズマリーは必須)
Cバットを銀紙でふたをし、30分ほど蒸す
D冷やす

ウチでは醤油をふって食べる。
オイルサーディンのある朝食はうれしい。

R0011162.jpg
posted by DH at 06:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

08年アンチョビづくり(さばく&塩に漬ける)

R0011147.jpg

今年もきました、アンチョビづくり。
といっても大したことはしていない。

@頭とはらわたをとる。
プリミティブなつくり方だとはらわたはとらないらしい。
でも経験上、はらわたを取らないと、見崩れが激しい。
知らないうちにアンチョビソースになってしまう。

Aそして簡単に洗う。
B容器にいわしを入れ、見えなくなるまで、塩を振る。
 いわしを重ねて繰り返す。

今日はここまで。後は半年くらい放っておく。
仕上げはまた今度。

R0011149.jpg

07年アンチョビづくり(さばく&漬ける編)
07年アンチョビづくり(3枚におろす、オリーブオイルに漬ける)
07年アンチョビづくり(食べる)
posted by DH at 14:30| Comment(5) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

続茶摘

R0010771.jpg

生茶葉をすこし持って帰ってきたので、電子レンジを使って日本茶を作ってみたら焦げた。。
味があまりない。失敗。

早く製茶されたお茶が届いて欲しい。
posted by DH at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

アンチョビをさばく

CIMG6274.JPG

アンチョビ、さばく編。

折角なので、昨年6月の仕込からどうなったのかをレポート。


6月の状況


塩で漬け込むこと、8ヶ月でこんな感じ。
泥水みたいになってます。
でも、ものすごくアミノ酸たっぷりだなって匂い。
魚醤ですね。
CIMG6273.JPG


それを取り出し、
CIMG6300.jpg


3枚におろす
CIMG6301.jpg


乾燥を防ぐためオイルにつける
出来上がり!
CIMG6356.JPG


簡単だけど、面倒くさい!
まだ終わらない。。

妻と地道にやってます。
posted by DH at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

自家製アンチョビ

CIMG6309.jpg

去年につけたアンチョビがやっと出来上がった。
小田原産のいわしで作った西湘のアンチョビ。


今回はうまみが醸成されるまでに時間がかかった。
それだけに感慨もひとしお。うまい。


しかし、何で時間がかかったのか。
夏の暑さが原因なのだろうか。。
毎年出来上がりが違う。
ぬかみそとかも難しいですよね。


今回のアンチョビは早川の朝市で仕入れた鰯を
朝のうちに仕込んだので、身崩れが少ない。


クラコットにのっけてそのまま食べるのがお気に入り。
もちろん、パスタにしても美味しい。

しばらくは楽しめそうだ。
タグ:アンチョビ
posted by DH at 12:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

毎日梅酢

CIMG4276.JPG

今年つけた梅酢を毎日飲んでいる。
香りもよいので、飲みやすい。

グラスは沖縄第一ホテルの方にすすめられた久高民藝店にて購入した琉球グラス。
大きさも手ごろでなかなか気に入っている。

今日も暑いのでベランダにてしばしの夕涼み。
タグ:梅酢 手作り
posted by DH at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

梅酢づくり

CIMG3857.JPG

いつからか寝る前にお酢を飲むのが習慣になった。
朝起きたときの疲れが違うって、なんだか歳とったな…。

先日友人の実家から送られてきた梅をいただいた。
梅干は実家がつけると聞いていたので、
梅ジャムを作ろうと思っていたのだけれど、
どうせ毎日お酢を飲んでいるなら梅酢をつくろうと思い立った。

自然のまま自然のままと思いながらも、解けてない氷砂糖が気にいらず、ビンをふってしまう今日この頃。


タグ:梅酢
posted by DH at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

手作り干物

CIMG3833.JPG

手作りのイカとしこいわしの干物。
このしこいわし、なぜだかししゃもの味がした。。
なぜ!?
posted by DH at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

今年のアンチョビ作り(小田原 朝市)

CIMG3822.JPG

毎年アンチョビを作っている。
今年もアンチョビ作りのため、16日に小田原の朝市にてしこいわしを仕入れてきた。

ちなみに小田原の朝市の販売は朝9時から。
8時に着くも整理券をもった人たちがすでに多く並んでいる。
小田原の朝市は種類も多く、そして安い!
この日もその日取れた、イカ、鯵、太刀魚、金目鯛、カマス、カレイ等など多くの種類の魚が並ぶ。

お目当てのしこいわしは一袋200円。
今年は一袋が少なめだったので、8袋を購入。
一部を干物にしたものの、ほとんどがアンチョビ君にした。
これが結構量があるから大変。
母上も手伝ってくれたから、何とか早く作ることができたけど。。

ただ、つくり方はいたって簡単。
頭と内臓を取り、塩につける。
3ヶ月ほどしたら、3枚におろし保存用にオイルにつける。
これだけ。

自分でつけるアンチョビはなかなかおいしい。
特に相模湾産というのが気に入っている。なかなかいいでしょ?
友達なんかにあげると喜ばれます。
皆さんも試してみてください。

CIMG3780.JPG CIMG3793.JPG

CIMG3792.JPG CIMG3821.JPG


posted by DH at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

らっきょう漬け

CIMG3762.JPG

らっきょうの旬は短い。
5月から6月くらいまでしか出回らない。
今年、我が家ではらっきょうを漬けることにした。
というのも、我が家のらっきょうの消費がとても早いから。
今までらっきょうをあまり好きではなかった彼女が、
最近急に好きになり、家庭内でライバルが存在したことも大きな原因のひとつ。

でもとにかく、それに関係なくらっきょうが目の前に出されると、へ〜ほ〜と言いながら僕がパリポリ食べてしまい、いつの間にやら全部なくなっている。
とまらないのだ。
出さなきゃいいじゃないかという意見もあるけど、我慢は健康に悪い。
あ、あと一個なんてやっていると、途中から残りを見て「これだけ残してもしょうがないな」ということになり、結局全部食べるのである。

彼女の親戚には「どうもあいつはらっきょうが好きらしいよ」という怪情報がながれて、らっきょうをいただく機会が多くなった。
(とりわけらっきょうが好き!ってわけではないんだけど…まあ嘘じゃない)
わざわざ漬けていただいているようである。
でもいただいても3日と持たないので、自分でもつけることにしたのである。

これも3日ともたないのだろうけれど。
タグ:らっきょう
posted by DH at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

手作りの塩辛(大磯産 するめいか)

CIMG3290.JPG

友人から手作りの塩辛をいただく。
ちょっと塩辛いけど、ご飯と食べるとちょうどいい感じ。
おいしくいただきました。ありがとう!
タグ:塩辛
posted by DH at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 手をうごかす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。