2009年07月15日

牧場のソフトクリーム(伊勢原 柏木牧場)

R0015808.jpg

久々に柏木牧場へ。

お目当てはソフトクリームだ。
濃厚な味。

近くを通るとつい寄ってしまう。
暑い日には嬉しい。

R0015809.jpg
posted by DH at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

僕らの酒前半戦終了(大井町 山田)

R0015805.jpg

僕らの酒。

除草と大豆植え。
そしてBBQ&かまど炊きのたまごかけごはん&メキシカンカフェ。

前半戦は一旦終了。

冷夏だけど、大きく育って!

R0015783.jpg
「津久井在来」という品種の大豆
まだひょろひょろ。

R0015784.jpg
予想外に綿は順調に育っています

R0015796.jpg
畑横で宴会

R0015804.jpg
楽しそうな様子にはちみつ君も気になる
posted by DH at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農的くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

生しらすとペペロンチーノの相性(平塚 アクアフィオーレ)

R0015777.jpg

ペペロンチーノの上にこれでもか!
というくらい生しらすがのっている。

この時期、しらすも苦味が出てくるが、
基本的にたんぱくな食べ物だ。
ぺぺロンチーノと合わさるといったいどうなるのだろうと
思っていたのだが、ごれが絶品。
にんにくの風味のうえにしらすの甘さが広がる。

季節に一回は食べたくなる味だ。
ランチセットで1400円くらい。
posted by DH at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Michael Jackson Forever!

マイケルが亡くなってから、関連のニュースを見ない日がない。
世界的なスーパースターだったと改めて実感する。

僕はジャクソン5が好きで、
また復活するなんて噂があっただけに、残念でならない。

Michael, I Want You Back!



posted by DH at 16:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 都内雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

Go!Go!ベルマーレ(平塚 平塚競技場)

R0015768.jpg

湘南ベルマーレがJ2に落ちてから、
Jリーグを見ることは少なくなった。

しかし、今年は違う。
ベルマーレは現段階J2で1位。
長いJ2暮らし。昇格へ千載一遇のチャンスだ。

現在、監督は僕の好きな反町さんだ。
思い返せば、Jリーグ創設当時はフリューゲルスファンで、
中でもエドゥーと反町選手を応援していた。
その後なんと反町選手はベルマーレへ。
うれしいな〜なんて言っていると、
誕生日に反町選手からおめでとうという
メッセージとともにサインが送られてきた!
奇遇にも誕生日が反町選手と同じ。
知り合いが反町選手と非常に親しいということもあり、
頼んでくれたのだ。

以来浮気することなく反町さんを応援している。
今年はなんとその反町さんがベルマーレの監督になり、
おまけに首位、これは応援しなければ。

鳥竹でテイクアウトし、競技場へ。
うまい!!
プレーではなく、鳥竹が。

強敵ヴァンフォーレを下し、無事首位をキープ。
是非今年こそ昇格してほしいものである。

頑張れ、ベルマーレ!
うまいぞ、鳥竹!

R0015774.jpg
ゴール! 見逃した〜 みんなタオルを回して喜んでいます。
posted by DH at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 西湘雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

幸せな食事

IMG_5683.jpg
生しらすと鯵丼

鯵をいただいたので、鯵丼にした。
鯵丼とは、鯵をたれに絡めてどんぶりにしたものなのだけれど、
海苔やゴマ、ガリなんかと混在としたこの味、うますぎる。。
大好きな鯵料理のひとつ。

ちなみにぼくは鯵のたたきはあんまりで、
家で食べたりしない。
食いにくいし、そんなにうまいと思わないのだ。

生しらすもいただきものだけど、
5人で食べて、一人茶碗一杯くらいあったと思う。
ああ、なんと贅沢…。
僕は生で食べるのも好きだけど、
天ぷらで食べるのが好きだ。
生じゃないじゃん!と言われるとそうなのだけど、
生しらすのてんぷらは甘くふんわり、すごくうまいのです。
ラベル:生しらす 鯵丼
posted by DH at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

かます祭り(大磯 漁協朝市)

IMG_5638.jpg

全体的に鯵が不漁だそうだ。
この日も鯵は少なく、かますだらけ。
そして、シイラも結構取れていた。

カマスを粕漬けにするとうまいよと言われ、
ためしにやってみることにした。
シイラも半身あったので、粕漬けに。
これが何と、、、とってもうまい!
カマス君もうまいけど、シイラ君とってもうまいのだ。
これは定番化しそうだ。

もうひとつ。
シイラ君をちょっとにんにくの香りをつけて、
カツレツにしてみた。
めちゃくちゃうまい。
今のところ、シイラ料理はこれが一番。

IMG_5693.jpg
粕漬け 手前シイラ、奥かます
posted by DH at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 西湘雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

星に願いを(平塚 七夕祭り)

IMG_5636.jpg

「公むいんになれますように」

もっと子供らしい願いはないものか。
「お父さんを助けたい」なんてものあったけど、なんだか切ない。。
不況は子供たちの短冊にも影響します。

「らいせはがんばりたい」がないだけましか。
ラベル:平塚 七夕 短冊
posted by DH at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 西湘雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

野菜を買って帰る楽しみ(大井町 相和農産物直売所)

IMG_5612.jpg

鯵の南蛮漬けが好きだ。

昔はなぜわざわざこんなことをしてくれたのだ、
僕はフライのまま食べたいのにと憤った。
しかし、いつからか南蛮漬けが好物になってしまった。
歳をとると好みが変わる。

南蛮漬けというのは鯵だけでなく、
我が家ではナスでもやる。
揚げたなすを醤油、酢、砂糖、
すった玉ねぎとしょうがでつくったたれにつけるのだ。
こいつはうまい。

あれば、かぼちゃやインゲンなども
素揚げにして入れてる。
カボチャに味が滲みたころがうまい。


先週の日曜日に大井町の相和農産物直売所に行った。
間引きした野菜や虫が食ったものなどを
安く売っている。
たまねぎ100円、ナス100円、かぼちゃ1個200円。
なかなかの量。
うむ、安い。

これは南蛮漬けを作らねば!と早速作った。
あれから2日あんなにつくったのにもうない。
食欲の減る夏にぴったり、また作ろう。


余談だが、うちの下にクイーンズ伊勢丹というスーパーがあるが、
かぼちゃが1個1000円で売っていた。
東京に来る間にカボチャに何があったのだ。
posted by DH at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

かまどって素晴らしい(大井町 山田)

sR0015740.jpg

27日、土曜日。
水土社の岩越さんの全面協力により、
たなだ食堂の心臓部ともいえる、僕らのかまどが完成。
作業の様子はこちらから

神主の資格を持つ岩越氏による火入れ式も
行われ、あとは出番をばかり。
菜の花高橋氏による野点を予定していたが、急遽中止。


28日、日曜日。
ひだまり屋さんいわく、この日はほぼ雨が降る日らしい。
その例にもれずやはり雨が降ってしまった。。
あいにくの雨にもかかわらず10人以上が参加。

ずぶぬれの中での作業だったので、
温かかく栄養のあるものを!
と思ったかは覚えていないが、
とにかく、かまどを使いたかったので、ご飯を炊き味噌汁を作ることにした。

お米は近くの農家さんに譲ってもらい、
そして炊きたてご飯には生卵ということで、
放し飼いの地たまごを杉崎養鶏所にてゲット。
みそ汁の具であるなすは直売所で購入した。
どれも安く手に入るのがうれしい。

さて、お楽しみのかまど君だが
枯葉で簡単に火がつき、少しの燃料ですむ。
素晴らしい熱効率。

釜に合わせ内側が円形になり、煙の逃げ道もちゃんと
ちゃんと設計されている。
温めた石の遠赤外線でおいしく炊けるのだ。
できたお焦げを見ても熱がまんべんないことがわかる。
これは、楽しい!

楽しみにしていたたまごかけごはんもめちゃうま。
ずぶぬれだったのに得した気分になったのは僕だけでしょうか。

R0015747.jpg

R0015745.jpg
posted by DH at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 農的くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

行列ができる坦々麺(上曽我 中華 四川)

R0015733.jpg

小田原市で曽我といえば、曽我の梅林で有名なところだ。
以前から曽我に坦々麺しかないないのだけれど、
行列ができるお店があるという話は聞いていた。

上大井駅が最寄りというのを聞いて、それは僕らの酒の
田んぼのすぐ近くだということがわかったので、
ためしに行ってみることにした。

14時を過ぎているにもかかわらず、確かに行列している。
車のナンバーを見ても近場でない車もちらほら。
梅以外なんもないようなところというと失礼だが、
小田原といっても大井町の境だし、観光客がいるところでもなし。
つくづくラーメンという食べ物はすごいなと感じた。

さて、肝心の坦々麺だが、僕の知っている坦々麺とは違い、
とろみのあるものだった。
辛さも3段階選べ、僕はB(一般向け)という真ん中の辛さを選択したが、
全く辛くもなかった。辛いにすればよかったか。

正直、なぜここまで行列するかはわからなかったけど、
嗜好というのは個々それぞれのものなので。
みんなこのとろーんとした感じが好きなのだろう。

チャーシューはおいしかったです。
坦々麺    800円
チャーシュー 300円

R0015731.jpg
posted by DH at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 西湘雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

梅ばあちゃん登場(大井町 山田)

R0015695.jpg

夜寝る前に自分でつけた梅酢を飲んでいる。
飲んだ日と飲まない日では不思議と目覚めが違う。

今年も漬けなければと思っていたので、
今日こそ下曽我経由で帰って梅を買っていこう、そう思っていたら
「おばあちゃんが梅拾ってけって言うんですけど。。」
と田んぼチームのH君が僕に言ってきた。
何というタイミング。

早速梅林に行ってみると、昔からの知り合いのように
梅ばあちゃん(仮称)は僕らを温かく迎えてくれた。

「本当に貰ってっちゃっていいんですか??」
というと、
「じゃあ、これどうすんのよ〜?」
と逆質問されるので、
ハイ、いただいちゃいますっ!といって拾わせていただいた。
無農薬の南高梅だそうだ。

梅ばあちゃんはいい人で、手書きの梅レシピや
お手製の梅ジュースを配っては、いかに梅が糖尿にいいかの話しをしていた。
甘くおいしい梅ジュースが糖尿にいいとはにわかに信じがたいが、
梅酢がいいのだろう、とにかく医者いらずだそうだ。


熟した梅は梅ジャムや梅シロップに、
木になっている緑の梅は梅酢にというので、
2種類の梅を必死で拾った。
実家に梅を買って来いと言われていたので、
2キロはないとまずいよなと持ち帰ってみると、
結局それぞれ5キロ以上づつあった。。
自分の感覚とはあてにならないものだ。

熟した梅はすぐ悪くなってしまうので、
とにかくジャムにすることにした。
母上がかさが減るから大丈夫というので、
3キロほど梅ジャムにしてみたが、かさは減らず大きめの鍋いっぱいにジャムができてしまった。
甘味を抑えた、酸味際立つフルーティーなジャムだ。。

妻から冷蔵庫がいっぱいだからどうにかしろと言われた。
妻は梅を食べないのだ。
毎日素知らぬ顔で配っている。

皆様、暑中見舞い申し上げます。
posted by DH at 18:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 農的くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

シイラの味は?(大磯 漁協朝市)

R0015688.jpg

大磯の朝市でシイラをみたのは初めてだ。
夏に食べる魚だったと思う。

刺身よりフライがうまかった。

朝どれの魚は死後硬直しているから、
時間をおいたほうがうまかったりする、と思う。
でも大勢でのご飯はなんだか美味しい。

R0015692.jpg
ラベル:大磯 朝市 シイラ
posted by DH at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 農的くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

綿をうえる(大井町 山田)

R0015665.jpg

コットンボール(綿花)が以前から不思議だった。
どんなものなのか見てみたいと思っていたが、
綿の種をもらい、うえることになった。

無事芽も出たので、今後成長が楽しみだ。
posted by DH at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 農的くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

能登の旅4 金沢で寿司を食べる

R0015655.jpg
金沢21世紀美術館 兼六園のすぐちかくだった

以前金沢にお寿司を食べに来たことがある。
寒かったと思う、とにかく海老が美味しかった。
以来金沢はお寿司が美味しい街の印象がある。

金沢にきて、せっかくならと白海老が食べてくて、あるお寿司屋に行った。
そこが久兵衛出身というのは後で知ったが、
ネタはいいのだろうが、味にメリハリがなくいまいちの印象が残った。

後日知人に聞いたら、「小松 弥助」がぴか一だという。
APAホテルに入っていると聞いて、他の人もそんな話をしていたことを思い出した。
噂の寿司屋に行く機会をつくらねばと強く思った。
岡田周三氏の寿司を食い逃していることが原因かもしれない。
posted by DH at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

能登の旅3:輪島の朝市(輪島 朝市)

R0015559.jpg

朝市に寄った。
生魚や干物、野菜などが並ぶ。

この地域は魚を糠につけるらしく、
フグの卵巣などをつけものも売っていた。
関東では見ないが、京都などでは「へしこ」という名で
売っているのをよく見かける。
以前、いづうで買った鰯のへしこがアンチョビと
全く同じような味だったことに驚いたことがある。

かわはぎの干物を裏っかえしてみると、
東北産のものだった。
すでに観光朝市になっているのだろう。
地元の人は利用するのだろうか。

僕らは地元の人が利用する朝市に行きたいのだ。

R0015564.jpg
ラベル:輪島 朝市
posted by DH at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能登の旅2:塗師の家を訪ねる(輪島 大崎庄右ェ門)

R0015614.jpg
なんと木造のカーテンウォールになっている


輪島の塗師の家の特徴は「住前職後」である。
住まいが前部、奥が仕事場になっている。
普通の町屋などは逆だ。
町屋はお店が前部、奥が住まいだ。

くぐり戸の玄関から仕事場を奥にすることで、
通りの塵や埃から遠ざけたようだ。
もちろん職人さんの管理などにも関係するのだろう。

柱や梁、床、扉すべてに漆が塗られている。
学生に漆を塗る意義を問われたが、
耐水性にすぐれ、長持ちすると答えたが、
一番はやはりその風合だろう。
耐水性だけであれば、コストが合わない。

漆は紫外線に弱い。
光が当たった床などは、漆がとんでいるのがわかる。
その漆がとんだ床を見ると、元の木の色をしている。
普通紅柄(べんがら)などを塗ってから漆を塗るが、
その下塗りをしていないことがわかる。
聞いてみると、漆がとんだ時の赤い色がきれいじゃないから
だそうだ。
下塗りをしない分、むらにならないように高い技術が必要なのだそうだ。


輪島は07年3月にマグニチュード6.9の地震にみまわれ、
大変な被害にあった。
この建物も例外ではない。

敷地内にある土蔵はいまだに修復をしていた。
土蔵は温度が一定、塵や埃が少ないなどの理由から
その中で仕上げが行われており、塗師の家にはかかせないのだ。

かなり大きな土蔵だ。
竹こまいから始まり、敷地内で土を発酵させ、土壁を作っていた。
なんでもあの久住さんも参加されるのだとか。
これだけのものを昔ながらのやり方で修復するのは大変だ。

地震の多い日本には木造家屋のしなやかさがあっている、
そう再認識させられた。

R0015578.jpg

R0015579.jpg

R0015592.jpg
トイレは漆技術の粋を集めて作ったそうだ(笑)

R0015596.jpg

R0015603.jpg

R0015606.jpg
posted by DH at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

能登の旅:能登島に行く(能登島 能登の家)

R0015528.jpg

某大学の仕事で、能登に行った。
能登半島に行くのはずいぶん前に金沢に行った以来。
久々の北陸だ。

宿泊は能登島にある知人所有の別荘。
能登島?
そんな島があったのかも知らなかったが、
予想をはるかに超え、とてもいいところだった。

部屋から海を一望することができる。
波もなく穏やかな海。
他の住宅など見当たらない。
いったことはないが、写真で見るフィンランドのような景色だ。

ボートがあるので、釣りもできる。
う〜ん、映画ゴットファーザーの自宅のようだ。

本でも持ってこもってみたい。
今ならもちろん、1Q84だね。

R0015541.jpg

R0015551.jpg
ラベル:能登島 能登
posted by DH at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 都内雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

うまい焼き鳥、ディープな腰越(腰越 鳥きゅん)

R0015521.jpg
おてふきが邪魔!


ミミズさんに連れられおすすめの「鳥きゅん」へ。
きゅんって何だ?という疑問は、
メケメケサラダなどのメニュー名を見てどうでもよくなる。
とにかく、そういうことなのだ。

腰越駅といってもいい立地のこのお店。
とにかくローカル。
お客はみんな知り合い、マスター以外はみんな和気あいあいといった雰囲気。
以前お伺いした静辰のシェフもいる。
「あれ、なんだ今日みんないるの?」
な〜んていいながら、常連さんがお店に入ってくる。
いいね〜、なんだか。

肝心の焼き鳥は…、
予想以上に、とてもうまい。素敵だ。

また行きたくなるいい店だった。


この日はなぜか家についたのは朝4時だった。。
江ノ島のTさんに会うといつもこの時間。
これでも強引に帰ってきたのだけれど。


R0015524.jpg
自販機の右側が店。ほぼ腰越駅。
posted by DH at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

超ロングロールケーキ(平塚 カンパーニュ)

R0015515.jpg

以前よく食べていたゴマ入りのクッキーがあった。
このカンパーニュという名の工場直売店で売られていたものだ。
美味しく、お気に入りだった。
確か○フタヌーンティーにおさめているクッキーだったと記憶している。
(間違えてたらすみません)

前を通りかかったので、クッキーが食べたくなり、
久々に寄ってみることにした。
クッキーはなかったが、ロールケーキがいっぱい売っていたので、
買ってみることにした。

とにかく長い。30センチ以上はある。
この長さで550円。
安!!
そして十分おいしい。
ちょっとした会合に大活躍しそうだ。
お土産にもインパクトがあっていい。

そう考えると、値段を明かすのも考えものだな。

カンパーニュ
神奈川県平塚市平塚3−11−9
posted by DH at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旨いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。